自己改革のススメ

自分らしい人生の設計図

自分の人生って、お金を稼ぐ事?

最近、色んな場面で投資の広告を目にします。

少し前であれば

自らの価値を提供して

不労所得を得ましょうといった広告が、多かった様に

思います。

 

両者に共通しているのは

専ら「どうやって不労所得を得るのか」ですが

この先、この不労所得という考え方は

どうなっていくんでしょう…。

 

お金というものは

無いより、あったほうが全然いいと思いますが

「お金を稼ぐ事が人生の目的」

という考え方が定着してしまうと

なんのために人間として生まれてきたのか

疑問に感じます。

 

 

古くからお金というものは

物々交換の手段だったという話しもあり

そういった事を念頭に人生を考えると

必要不可欠なものである事はたしかです。

 

住む場所も、ライフライン

それぞれ物々交換といえますし

生きていくためには必須ですが

それ以上にお金を求めていれば

それは単に欲望があるからではないのか。

最近、そんな事を考えております。

 

「お金で幸せは買えない」という言葉は

聞いたことがあるかと思いますが

お金があれば

ある程度の欲望は叶える事ができます。

つまり、欲望が叶えられる事によって

自分が幸せと感じられるのであれば

お金で幸せが買えるわけです。

 

でもそう考えると

欲望を叶えるために生まれてきたのか?

お金を稼ぐために生まれてきたのか?

そんな話しもでてきますね。

資産が少ない人

社会に出て上手く稼げない人にとっては

過酷な人生になりかねません。

 

そんな人生にならないよう

自分の人生にとってお金とは何か?

何が幸せなのか

欲してる物や事柄は必須なのか

あらためて考える事が重要です。