自己改革のススメ

自分らしい人生の設計図

自分にとっての幸せってなんだろう?

お金がなくても幸せ

でもお金があればそれ以上の経験ができる。

 

自己改革コンサルタントの小松です。

 


f:id:jshow:20180806190615j:image

自分の幸せについて、丸一日考えた事ってありますか?

今の状況は、自分を幸せに導く方向に向かっているんだろうか」とか

自分にとって何が幸せなんだろう」とか。

公園や、独りになれる場所があるかどうかにもよりますが、丸一日考えるって疲れますね(笑)

 

僕は長時間、同じ事に集中するのは苦手なので

ふと思いついた時に考えます。

とはいえ、仕事で集中力を継続しなければならない場合は別で、不思議なくらい線引できています。

逆を言えば、独りの時に集中力が継続できれば

僕はさらに向上していくんでしょうね(笑)。

 

さて幸せのお話しですが

自分がどうなっているのが幸せか?

これを考える時間を取らなければ

人に振り回される事に時間をとられ

人の幸せのための人生になります

 

例えば

同僚が先に結婚すると、自分も結婚しなければと焦り

まるで、結婚が幸せかのように考えてしまい

日々の生活さえ、常に結婚を念頭においた生活となるでしょう。

友達が高級車を買うと、自分も高級車が欲しくなり購入し、仕事で頑張って稼いだ給料は、毎月の高額ローンの

返済にあてて終わってしまい、他には何もできない。

 

もし自分の幸せが結婚であり、家庭を持つ事であれば

それは問題ありません。

自分の幸せが高級車に乗ることであれば、それも問題ありません。

ただ自分の本当の幸せを知らずに、周りの幸せに依存した人生では、自分の幸せはやってきません。

そうかといって、自分の幸せが理解できても

何もしなければ、何も起きず、幸せにもなれません。

 

まず考え、自分を知り

そしてそのために目的を持って動きましょう。

 

人間、短時間でなんでもかんでも上手くいきませんから

まずは小さな目標からコツコツ

時間がかかってもそれが当たり前ですからね

焦らず、自分のペースで歩みましょう。