自己改革のススメ

自分らしい人生の設計図

自慢話はうんざり?回避できるか?

ここ数日ご無沙汰ですが、いきつけの居酒屋さんが近所にあります。
たまたま居酒屋さんの近くに引っ越したことがきかっけで、だいたい週一のペースで
1人で呑みに出かけます。

カウンター席の多さも魅力ですが、お客様の多い日でも店内は騒がしくありません。
お勧めは、日替わりのお刺身。だいたい瓶ビール一本とお刺身を頂いて、気持ちもお腹も満足で帰宅
します。
長野市にこられた際は、お立ち寄りください。
場所は長野市平林にある、「やきとり鉾八」さんです。
ひょっとしたら僕にあえるかもしれません(笑)。


みなさん週末はどう過ごされましたか?
自己改革コンサルタントの小松です。

上司と一杯、お付き合いで呑みにいっても、自慢話ばっかりで、嫌になることもありますよね。
居酒屋に限らず職場でも、こういった自慢話がメインの人は必ずいます。
僕は返事をしながら自慢話を聞きますけど、腹の中では「だから何?」「またか?」何て事を
思ってます(笑)。
誰だって人の自慢話ばかり聞いていたら飽きますよね、しかもそういう人に限って目立ちたがり屋で、そういう事をしなければ自己を評価されない、自分の存在を表現できないと思っているので、ある意味可哀想な人でもあります。
実際、過去にそうやって評価を得た体験があって、それしか手段として浮かんでこないんでしょう。

自慢話を聞いている時、あっけらかんとした表情や返事がなければ
本人も話を辞めるでしょうけど、人付き合いは大切ですからね
その辺はうまく聞いてあげて、「評価してくれる人」ではなく「理解してくれる人」にならなければなりません。
この人は評価してくれないんだと思えば、自慢話は少しずつ収まって話の対象は変わってくるはずです。

僕の実体験だと、自慢話から愚痴、相談と変化していきます。
これは徐々に信頼が構築されていくからだと考えます。
信頼関係が築かれていれば、特別評価して欲しいと考えないからかもしれませんね。
おおかた上司と部下の関係であれば、信頼関係が築かれても相談まではいかないかもしれませんが、自慢話がなくなればオッケーですね(笑)。