自己改革のススメ

自分らしい人生の設計図

学んでおきたい、金融についてのリテラシー

皆さんGmailは利用されているでしょうか?

GmailをMainに設定して

興味あるメルマガに登録し

たまにGmailを開けば、何千通のメールが溜まっていたなんてことは

経験があるかもしれませんね。

 

定期的に確認してチェックしてみると

その時はなんとも思わなかったメールからも

ためになる情報を得ることがあります。

 

僕もメルマガに登録したものの

あまりチェックするほうではないので

今日開いてビックリ

たまりに溜まってました(笑)

必要ないものを無駄に収集するのも

後々時間を浪費するので、気をつけないとですね。

 

さて

メールをチェックした後で本を開いていて

金融リテラシーって言葉に目がいきました。

「お金に関して読み書きできる能力」ということですが

この金融リテラシーについて

小学生から社会人まで

それぞれ具体的にどんな知識が必要なのかといった

PDFが配布されてることを知りました。

 

①金融広告中央委員会

②金融リテラシーマップ

いずれかで検索すると配布画面にいけると思います。

 

ダウンロードして、ざっくりですが目を通してみて

やはり義務教育年齢から

こういった知識を学んでおけば

金融の事について何も知らずに社会人になるより

経済的な心配は少なくて済み

資産を残せる大人になれると思います。

勿論、こういった知識だけあっても

生かせなければ役に立ちません。

 

身近な実践的面、例えば一人暮らしを始めて

経済的に家計損失をださないように生活していく方法も

この「金融リテラシーマップ」には載っています。

 

生活の経済面を変えたい人や

身近な金融の知識をざっくりと知りたい人には

参考になるかと思います。